節電してますか@節電ニュース&節電対策 > スポンサー広告 > 夏の節電、明日1日スタート 「数値目標なし」も気抜けず

節電してますか@節電ニュース&節電対策 > 未分類 > 夏の節電、明日1日スタート 「数値目標なし」も気抜けず

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

夏の節電、明日1日スタート 「数値目標なし」も気抜けず

 政府が、沖縄を除く9電力管内に要請した節電期間が7月1日から始まる。

各地域で一定の電力の供給余力を確保できる見込みのため数値目標は設けない。

政府の節電要請は、東日本大震災後の平成23年夏から冬を含めて5回目で、全地域での数値目標見送りは初めて。

ただ総発電量に占める原発比率が高かった関西や九州は余裕のない水準。

発電所の大規模トラブルで需給逼迫(ひっぱく)に陥る恐れを抱え、原発の稼働停止が続く中、今年も気の抜けない夏になる。


 今夏の節電期間は7月1日~9月30日で、平日の午前9時~午後8時が対象。

盆の8月13~15日を除いて、「国民生活や経済活動への影響力を極力避けた無理のない形」での自主的な節電を求める。


 政府は、電力需要がピークの8月の予備率(最大需要に対する供給余力)を全国で6・2%と見込む。

東電管内は6・7%で、各電力とも安定供給に最低限必要とされる「3%以上」を確保できる見通しで、昨夏に関西と九州で22年比10%以上、北海道で同7%以上、四国で同5%以上としたような数値目標付きの節電は見送った。


 しかし、関西の予備率は3・0%、九州は3・1%にとどまる。23年夏には中部・西日本の電力各社で発電所の故障などが相次いで計644万キロワットの電力が失われたことがあり、同様の事態が今夏に発生すれば、同じ地域の予備率は5・9%から2・1%にまで低下する。


記事URL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/665885/
スポンサーサイト

節電してますか@節電ニュース&節電対策いでで・゚・(。>д>>

節電してますか@節電ニュース&節電対策いでで・゚・(。>д>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。